千葉県野田市の精神科・認知症専門病院「木野崎病院 木野崎介護医療院」

menu

介護医療院

木野崎介護医療院 施設長のご挨拶

当法人では、令和元年11月1日より、これまでの認知症疾患療養病棟を介護医療院へ転換し、「木野崎介護医療院」として新たに開設する運びとなりました。

介護医療院は、医療・介護の複合的ニーズを持たれている要介護者を受け入れ、医療と介護を一体的に提供する介護保険施設です。
そのため、以下の3つの環境・設備や人員体制が求められています。

  • ● 入所者様が長期にわたって暮らせる設備
  • ● 経管栄養や喀痰吸引等などの医療的ケアに対応できる環境
  • ● 看取りやターミナルケアを実施できる人員と体制

当法人では長年にわたって認知症疾患の患者様に対して医療・介護を提供してきましたが、これらの実績・経験やノウハウを活かして、介護医療院の入所者様に対して魅力ある医療・介護サービスを行ってまいる所存です。

今後も地域の皆様にご満足いただけるように努めてまいりますので、「木野崎介護医療院」をよろしくお願い申し上げます。

医療法人社団葛野会 木野崎介護医療院
施設長
笠原 俊彦

施設の紹介

木野崎介護医療院 病棟

木野崎介護医療院は、医療ケアの必要度が高い要介護者を入居対象としており、経管栄養や喀痰吸引などの医療サポートを行い、看取りも視野に入れた長期入所を前提としています。

当施設の主な役割は、日常的に介護と医療的処置の両方を必要とする高齢者が安心して生活できる場を提供することです。そのため、入所者様の生活様式に配慮し、ご本人の意思及び人格を尊重して、個々のニーズに合わせたサービスの提供を行っています。

また、医師に加えて薬剤師を配置しており、医療的な処置・検査はもちろんのこと、必要に応じて投薬も行っています。さらに、リハビリテーション・スタッフによる心身機能の低下防止に向けた支援を行っています。

このように、当施設は、多職種のスタッフが情報を共有しながら協働して、入所者様のケア充実や残存機能の維持に向けた援助を行いながら、身体的にも精神的にも安心・安楽に入所者様が療養生活を送っていただけることを目指しています。